• DI業務を収集、管理、評価、提供の4分野で支援するJUS D.I.
  • 収集の解決策へ
  • 管理の解決策へ
  • 評価の解決策へ
  • 提供の解決策へ
  • どうしたらより効率的で進んだDI業務ができるのでしょうか?

時間がかかる薬剤検索。あなたはどうしていますか?

①酵素製剤以外で術後の脹れや腫脹に使える製剤を知りたい
「『効能効果』」に『術後』を含む」and「『効能効果』」に『腫脹』を含む」and「『薬効分類名』に『酵素』を含まない」 で検索を行う。 採用薬を考慮せず、全薬品で検索すればHIT件数は131件。検索範囲を採用薬に絞ればHIT件数は減ります。 >>>
②便中に薬剤の残渣が排泄される可能性がある薬剤の一覧が欲しい
「『適用上の注意』に『残渣』を含む」で検索を行う。 採用薬を考慮せず、全薬品で検索すればHIT件数は49。ファイル出力機能を使って、任意の項目をファイル出力すれば、一覧表が完成。 >>>
③腸炎に適応のある抗生物質のうち、小児に適応のある薬剤を知りたい
「『標榜薬効名』に『抗生物質』 and 「『効能又は効果/用法又は用量』に『腸炎』を含む」and 「『効能又は効果/用法又は用量』に『小児』を含む」で検索を行う。 採用薬を考慮せず、全薬品で検索すればHIT件数は105。採用薬であれば、当然HIT件数は減ります。 >>>
④メジャートランキライザーで糖尿病禁忌の薬剤一覧が欲しい
「『薬効分類』に『精神神経用剤』」 and [「『禁忌』に『糖尿』を含む」or「『原則禁忌』に『糖尿』を含む」] で検索を行う。 採用薬を考慮せず、全薬品で検索すればHIT件数は12。ファイル出力機能を使って、任意の項目をファイル出力すれば、一覧表が完成。 >>>

検索のWAZA(技)